グラウンド維持管理

TOP>グラウンド維持管理_クレイ系舗装

<クレイ系舗装>
クレイ舗装維持管理野球場維持管理
テニスコート維持管理エコクレイオーダーメイド

<人工芝舗装>
ロングパイル人工芝維持管理砂入り人工芝維持管理
カタログ
カタログ

クレイ舗装維持管理

グラウンド整備手順

スパイク等で傷んだ場合の簡単な整備方法をご説明いたします。

  • スパイク等によりグラウンド面に穴が開き、土が移動してしまった状態

  • 土の活着が良くなるようにレーキ等で軽く傷をつけます。※深く傷をつけないように注意

  • 均し板を使用して周囲に移動した土を元の位置へと戻します。

  • 乾燥している場合は、軽く散水し馴染みを良くします。

  • 足で十分に転圧し締固めます。※ローラが有れば使用してください

  • レーキで再度不陸を整正し表面を平滑にします。

均しが終われば完了※ブラシ掛けも有効です。